女性活躍推進・ダイバーシティの課題に取り組む人事部門のコンサルティングパートナーです
ホーム » WisH活動ブログ一覧
<前  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6  次>  

WisH活動ブログ

【第15回研究会】ワーキングマザー力(りょく)アップのための話し方講座

2016/06/30
こんにちは、
WisHの前島です。

2016年6月23日に、佐藤由美子講師をゲストに迎えて
「ワーキングマザー力(りょく)アップのための話し方講座
~自分らしさを生かした表現方法を目指して~」をテーマに第15回研究会を開催いたしました。




ご参加の皆様、どうもありがとうございました。
当日の内容をこちらでもご紹介いたします。

***
1.佐藤講師 自己紹介
佐藤講師は、短大卒業後、自動車ディーラーに就職しますが、一念発起してNHK前橋放送局の専属キャスターになります。「こんにちはいっと6けん」「新発見!とちぎの旅」などを担当。
その後フリーのキャスターとして活躍し、結婚・出産後にラジオ高崎で番組を担当するようになります。
2年前にキャリアカウンセラーの資格を取得し、現在はキャリアコンサルタントや講師として、女性のキャリア支援活動もされています。
…という冒頭のお話から、さすが素敵なお声です!


2.コミュニケーションとは?
「そもそもコミュニケーションとは?」という問いかけからスタートしました。
ウィキペディアでは「社会生活によって行われる知覚、感情と思考の伝達」。
つまり単に言葉を交わすということだけでなく、情報を伝え合いながら、互いの理解を深め、距離を縮めあうということですね。
その時に、自分の感情が適切に言葉の上に乗っていないと、距離は縮まらないですよね、という講師からの言葉がありました。
コミュニケーションがうまくいかない/誤解を生じる、というのはそういう場合に起きるのでしょう。
また、受け取る相手の年齢、立場、状況すなわち価値観によって理解が左右されるということもあります。
意図通り理解してもらうには、次の3点を意識することが大事ということでした。



「何を伝えたいのか」
「どうして伝えたいのか」
「どのように伝えたいのか」

例えば、「遅かったね」という言葉ひとつとっても、「何かあったのだろうか?」と心配しているのか、それとも遅刻したことを怒っているのか、など「何を相手に伝えたいのか」を意識して伝える必要がありますね。

ところが、それでも伝え方が悪いと、うまく伝わらない可能性があります。


3.声を磨く
そこから、伝え方の幅を広げる話になりました。

他者からいい声と思われる有名人として、佐藤講師は

男性は
 福山雅治さん、竹中直人さん、玉木宏さん
女性は
 松下菜々子さん、真矢みきさん、黒木瞳さん

を挙げました。うーん確かにそうですね。
でも誰もが真矢みきにはなれません!

講師からは、「声は磨くことによって変わっていく」という素晴らしい言葉が!

最初に「自分の声の特徴を知る」簡単なワークがありました。
声の高低、速度だけでもコントロールすることで、表現の幅が広がるそうです!

次のワークは「朗読」です。
仕事ではあまり目にしない縦書きの原稿を読み上げてみるという…
とにかく読むしかありません。

この“Before”の状態から“After”に向け、まずは基本となる複式呼吸の練習です。
呼吸が整ったところで、滑舌トレーニング。
滑舌をよくするとは、口をしっかり動かすことなのでした。
基本となる母音の口の動かし方、舌や唇を動かし方などを実践。

そしていよいよ早口言葉の練習です。
役者さんやアナウンサーもやっているアレです。
スムーズにできた人あり、噛む人あり…

こんなワークを経て、朗読のワーク第2回目“After”の実施です。
佐藤講師からは「全体的に1回目より声が大きくなっているのを感じました!」
と嬉しいコメントがありました!


4.会話表現
次は、伝える内容の組み立て方です。
例えば、欠点など相手に伝えにくいことを伝える時に、どんな言い回しがよいのでしょうか?

ポイントは、
「何を」
「なぜ」
「感情に支配されない」
「主語は『私』」
ということでした。

この後、具体的な質問なども出て、
・言わないほうがいい場合もある
・関係性によっては同じ内容でも言い方を変える(同僚とママ友では違う)
・メールよりは対面で
など、講師から解説がありました。


5.コミュニケーションを苦手とする人のパターン
上手に話せるようなスキルがあっても、距離を縮められるようなううまい会話のネタが思い浮かばない…そんな時は、相手に興味関心を持ち、観察してみるというのがひとつの手ということでした。

あるいは、自分の欠点、失敗談を話すことで相手と打ち解けるといったこともあるようです。
その欠点を逆手に取って、相手が自分の欠点だと思っていることを言い換えて伝えてあげることで、相手はハッピーな気持ちになれるのです!
例えば、「私は飽きっぽい」と言う人には「あなたは好奇心旺盛ね」といった具合です。
これは実際に二人組で言い合ってみる、というワークを実施しました。


佐藤講師からはまとめとして、
「誰かに良い言葉をプレゼントできる癖をつけましょう」
「他者のプラスの面に目を向けましょう」
という言葉がありました。
確かに、考え方や表現の仕方も、日々の訓練の積み重ねですね。
滑舌トレーニングとともに、考え方のトレーニングも続けていきたいと思いました。


--------------------------------


***



次回の研究会は9月を予定しています。
詳細は後日ブログでもご案内いたします。
引き続きWisHをよろしくお願いいたします。


■ワーキングマム・プロジェクトについての詳細はこちら

■ワーキングマム・プロジェクトの会員登録はこちら

「Human Capital 2016(ヒューマンキャピタル)」出展いたします

ブログテーマ:セミナー
2016/04/26
日本経済新聞社/日経BP社主催の「Human Capital 2016」に出展します。
本イベントは、経営、人事のニーズに即したソリューション・サービスなどを一堂に集めた
国内最大の専門展示会です。




WisH株式会社ブースでは、個別・企業カウンセリングを実施します。

また、セミナー講演ではお客様の取り組み事例や弊社の育成体系に関する講演を行います。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。   

 

■開催概要
——————————————————————————–

会 期  :2016年6月8日(水)~10日(金) 展示会 10:00~17:30 セミナー9:30~17:30
参加費用:1,000円(消費税込)※無料招待券、事前登録で無料になります。
主 催  :日本経済新聞社、日経BP社
会 場  :東京国際フォーラム(東京・有楽町)

ブース番号:254


■2016年6月9日(木)16:10 ~ 16:50  特別講演 S282
——————————————————————————–
SMBC日興証券 ダイバーシティ推進の舞台裏
SMBC日興証券は”ダイバーシティ&インクルージョン”をテーマに「様々な人材が活き活きと働ける組織」を目指して、全社をあげた全方位的施策を行っています。一受講者から突然ダイバーシティ推進室長に任命された勝氏。これまでの多彩なキャリアと人脈に支えられると語る、その改革の舞台裏を明かしていただきます。
 

SMBC日興証券 
人事部ダイバーシティ推進室長 

勝 具子 氏



《ファシリテーター》
WisH 代表取締役 社長
清水 美ゆき



■セミナー講演 ※事前登録制

——————————————————————————–
お客様の取り組み事例や弊社の育成体系に関する講演を行います。定員になり次第締め切りとなりますので、
お早めに「Human Capital 2016」公式サイトよりお申し込みください。 



詳細・お申込みは下記よりお願いいたします
※別ウィンドウで開きます


「HRカンファレンス2016-春-」にてWiSHが出展いたします

ブログテーマ:セミナー
2016/03/31
日本の人事部主催、日本最大のHRイベント「HRカンファレンス 2016春」東京に出展します。

現役人事の方とプロファシリテーターの豪華鼎談を5月16日(月)に行います。
 

HRカンファレス2016

伊藤忠商事の挑戦 ~ベテラン事務職女性をカギとした組織風土改革5つのステップ~


女性活躍推進は、「一通りの施策でなんとなく前には進んでいるものの、肝となる戦略が見えない」

「日々トライ&エラーの連続。組織の状況に本当に沿っているのか」という声が多く聞かれます。

「場当たり的施策」を脱するのに重要なのは、人事担当の方が思いを持って、自社に最適な女性活躍組織を描き、戦略的な道筋を立てるために必要なアプローチを考えることです。

今回ご紹介する事例は、ベテラン事務職女性の自己改革と組織風土改革の連携を目指して伊藤忠商事エネルギー・化学品カンパニーが取りくんだ、5つのステップ。

ご担当者のナマの声を交えて、各社で女様性活躍推進に取り組んでいらっしゃる担当の方がお困りであろう「ここが知りたい!」点についてご紹介します。

  

出発点は「ベテラン事務職女性をプロジェクトリーダーへ」


今回取り上げる伊藤忠商事エネルギー・化学品カンパニー様の事例は、女性社員の自己改革と組織風土改革の

連携を目指し、事務職のプロとして働く女性の「意識」と彼女たちの働く現場の「風土」にテコ入れを図ったものです。

ポイントは「事務職プロフェッショナル女性のリーダーシップ向上」。

EQ診断を用いた個人・組織の課題分析、個人の目標管理ツール「ほぼ100シート」、女性社員たち自身をリーダーとした組織活性プロジェクトの立案・運営、ファシリテーター・プロジェクト参加者によるニュースレター配信等……様々な仕掛けを取り入れたこのプロジェクトは、どのようなアプローチで行われたのか。また、現在も継続する挑戦の先に目指す女性活躍組織像とは。

実際にプロジェクトに参画した事務職リーダー、カンパニー人事担当、プロジェクトファシリテーター池照氏の3名によるパネルディスカッションでお伝えします。

 

ファシリテーターは、女性の活躍する場をゼロからつくりあげていく実践家!

 

池照 佳代
 

リ・カレント/WisH プロフェッショナルパートナー

有限会社アイズプラス 代表 池照佳代(いけてるかよ)

池照 佳代

 

池照佳代(いけてるかよ)プロフィール
  

アディダスジャパン、ファイザー、フォードジャパン等外資系有名企業にて一貫して人事を担当。

「女性活用プログラム」等のグローバルプロジェクト企画遂行をはじめ、担当分野は多岐にわたる。

2006年にアイズプラスを設立。変革と成長を目指す個人と組織のプロモーターとして、

多数のコンサルタント実績を持つ。

  

開催概要

日時:2016年5月16日(月)13:10~14:10

 

会 場:大手町サンケイプラザ

大会場B-5(総合受付3F)

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2

 

お申し込みはこちらから:HRカンファレス2016

 

加倉井さおり講師が新刊を出版されました!

ブログテーマ:講師紹介
2016/03/31

WisHスタッフの前島です。

 

ワーキングマム・プロジェクトの後見人である、加倉井さおり講師が、新刊を出版

されました!!

 

*加倉井さおり 著*「マンガで楽しく読める <仕事も育児も! > ハッピーママ入門」




通勤時間にさっと読めるボリュームなのに、内容はかなり豊かです。

明日からすぐに

役立つアドバイスあり、

「こんな自分でもいいんだ…」と慰められるコメントあり、

悩めるママたちを受け入れ、肯定し、元気づけてくれる内容なのです。

 

育児でバタバタしている私のようなワーキングマザーはもちろんですが、

復職前の新米ワーキングマザーの方々には、特におすすめです。

そしてその上司の方々には、超おすすめです!

男性管理職の皆様に手にとっていただき、両立に奮闘する女性たちへの

理解を深め、応援体制をとっていただければ、ハッピーママがきっと増えることで

しょう。

 

なお、私が個人的に気に入っているのは、本書に登場するキャラクターの

「加倉井さおり」さんです。

本物よりお茶目にかつ激しくアドバイスをしてくれています。

 

【第14回研究会】「スマートワーキングマザーを目指す!究極の整理収納術」を開催しました!

2016/03/28

こんにちは、

WisHスタッフ深海です。


2016年3月15日に、下澤純子講師をゲストに迎えて

「スマートワーキングマザーを目指す!究極の整理収納術」をテーマに第14回研究会を開催いたしました。


575A0037.JPG


下澤純子講師のプロフィールはこちら

ご参加の皆様、どうもありがとうございました。

当日の内容をこちらでもご紹介いたします。


***


1.はじめに

「いま自分のお財布にいくら入っていますか? 手元の紙に金額を書き出してください」

というワークで、研究会はスタートしました。

人によっては、期限切れのクーポンやレシートが多数、入っていることがありますね。

これらはお財布から出し、出かける前にお財布の整理をすることで、金運を呼ぶことができるそうです。

また、お財布の中味(金額)を常に把握することで「お財布に今いくら入っているから…これを買ったら残りがいくらになる…」など、お金の収支の管理ができるようになるため、結果的にお金の無駄遣いを減らすことができるようにも?!

お財布の中味の整理・管理とその習慣化は、すぐ実践できることだと思いますので、ぜひお試しください。



2.下澤講師 自己紹介

下澤講師は、短大卒業後ディーラーに就職し、社内結婚をして翌年21歳のときに出産。

7年間の専業主婦期間を経て、離婚をきっかけに再就職をしました。

就職先は工場の事務お仕事。このとき、初めて子育てと仕事と両立の壁にあたったことを覚えているそうです。

子どもがいない女性は残業して仕事ができる。

けれども、子どもがいるために自分は定時に帰宅。思うように仕事ができず悔しい、仕事は面白いのに…といったジレンマがあったそうです。

結果、下澤講師がとった行動は、自宅に仕事を持ち帰ることでした。子どもが寝た後に仕事を懸命にし、そうした成果が評価されてか、その後、生産管理部に異動になりました。

「子育てと仕事の両立は、誰でも通る道、そして数年のことです。子育ては、そのときにしかできないことです。大事なのは、子育てが終わってある程度の年齢に達したときに、“どんな生き方をしているか”です」

子育てと仕事の両立を経験されて、お子さんも既に成人された下澤講師ならではの言葉は、とても説得力があり、元気づけられるものでした。


3.整理収納術

スマートワーキングマザーへの道その1、すぐに役立つ整理収納術です!


★バッグの中をきれいに保つコツ

1.必要なものだけを持ち歩く

2.用途によりバッグを使い分ける

3.バッグに合ったバッグ・イン・バッグを使う

4.縦、横の法則を意識する(手帳、傘、ポーチ、財布などは縦に入れノートとパソコンのみが横)

5.入れるものの場所を決めて、必ずそこに戻す

★仕事スペースの整理整頓

・書類は片づけるときに分類してしまう。

 たとえば、100円ショップで書類入れ(箱)買ってきて分類名を貼り、

 クリアファイルに入れて各箱にとにかく入れる。

・見た目のきれいさよりできるだけ簡単に。

・家庭でも同様にする。その場合、箱の分類名を子どもの名前にする。

・パソコンのフォルダも同様。箱=フォルダと考え同様に。

・いるかいらないか迷ったら、「とりあえずbox」を作り入れる。

・整理する日を決めて、「とりあえずbox」を下から見ていき、不要なものを捨てる。

・子どもの作品類は、入れる箱を決めて、入らなくなったら捨てる。

 ※整理する前に写真にとっておく。


そもそも、なぜ整理整頓が必要なのでしょうか。

整理整頓は時間の短縮、そして貯蓄にまで繋がっていきます。

人は1日10分の探し物をしていると言われているそうです。

10日で100分、30日で300分、1年で3600分になります。

時給1000円で換算すると、30年で180万円にも!

日々の整理整頓により、これだけの時間を確保できるのは非常に大きいですね。


4.ダイエットとお金、整理整頓の関係

スマートワーキングマザーへの道その2、身体を管理する=ダイエットについてです!

高価なダイエット食の利用ではなく、手軽に始める方法を紹介いただきました。

たとえば2か月限定で、炭水化物、スイーツ、フルーツ、アルコールを抜く、といったことで

変化が見られます。

冷蔵庫にあるもので、ある程度メニュー・カロリーを決めてから買い物にいく。

そうすると自然にカロリーも頭に入ってくるようになるそうです。

そして外食やお菓子を減らすことで節約でき、買い物へ行く前に財布の中身を確認して必要な物だけ購入することでも、節約につながります。

つまり、身体の管理、お財布の中の管理、冷蔵庫の管理が一括してできるようになるのです。

ダイエットに成功したら、リバウンドしないために洋服の棚卸しをします。

そして新しい服を買う前に、今どんな服をもっているか確認する習慣をつけます。

必要な服のみ買うようになれば、無駄遣いもなくなります。

このように、ダイエットはお金とも密接に関係しているのでした!



5.仕事と効率的な時間の作り方

ワーキングマザーにとっての悩みは、なんといっても仕事と子育ての両立ですね。

仕事をうまく回していくためには、職場での人間関係が大事です。

そこでのコツは、

1.自分が“馬鹿”になり、教えてもらう立場を取る

2.自分の職場での「あり方」「立ち位置」を決めてしまう

3.媚を売らずにコツコツと仕事をする

どれも深いです…大人になることが必要ですね。

一方で、人事担当者として今後女性活躍支援に携わる上で、踏まえておくべき会社側の課題としては…

・女性の力を引き出さない会社は駄目

・女性が働きやすい会社ということをアピールする

・「○○のスペシャリスト」になってもらう支援をする

・その人だけのあり方を引き出してあげる


6.お金と目的

「スマートワーキングマザーを目指す」という本日のテーマですが、

そもそも私たちはどのような“スマートワーキングマザー”になりたいのでしょう?

「何のために働いているの?」

「時間があったら何をしたい?」

上記の質問に対して明確に答えられる人は、あまりいないのが実情だと思います。

せっかく仕事も頑張っているのだから、夢を描き、その夢に向かって

逆算でスケジューリングしてみましょう!というのが下澤講師からのメッセージです。

「お金が貯められない」というのも同じで、夢や目的に向かって、いくら必要なのか、

逆算して計画を立てます。

そして、「ほしいものって何?」「必要なものは何?」という自分への問いかけが、

無駄遣いを防ぐためのおまじないとなるのです。


***


次回の研究会の開催に関してはまたブログなどでご案内いたします。

引き続きWisHをよろしくお願いいたします。



■ワーキングマム・プロジェクトについての詳細はこちら

■ワーキングマム・プロジェクトの会員登録はこちら

記事一覧