女性活躍推進・ダイバーシティの課題に取り組む人事部門のコンサルティングパートナーです
ホーム » WisH活動ブログ一覧
<前  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6  次>  

WisH活動ブログ

【第13回研究会】「先輩に聞く!ワーキングマザーとして、キャリアの充実、どう進めていく?」を開催しました!

2016/01/29


こんにちは、

WisHスタッフ杉浦です。


2015年12月10日に、株式会社パルコ・シティ吉本明加様をゲスト講師に迎えて

「ワーキングマザーとして、キャリアの充実、どう進めていく?」をテーマに

第13回研究会を開催いたしました。



ご参加の皆様、どうもありがとうございました。

当日の内容をこちらでもご紹介いたします。


***


【1】働き方の3つの志向

①ビジネス重視型 ②バランス重視型 ③プライベート重視型

働き方には大きく上記の通り3分類されるが、育児中の女性は変動期(子どもが10歳くらいまで)に様々なタイプを行ったり来たりする。

吉本様自身も変化を繰り返して、現在は②バランス重視型8割、①ビジネス重視型2割の働き方になっている。


【2】Career~何のために仕事をするのだろう?どう生きていきたいのだろう?~

「Career」の語源は、自分たちが歩んできた道、自分の人生そのもの。仕事を通じてどのように生きていくかが大切。

「あなたがいないと困るから、やりたいようにやって」と会社から言われる存在になれば、働き方は自分で選べるようになる。仕事で生き方を選択できるように、仕事の主導権を取ることが重要である。


【3】「仕事も家事も」生産性を高める時間の使い方

タスクに要する時間を細かく見積もり、業務の段取りや自分と他社の両方の役割分担をする。

進行状況の確認を随時行って、時間内にできているか否か、自らを管理をする習慣を付けるようにする。



【4】バランス重視型の働き方を継続するために、ネットワーク構築をする

・育児のサポート環境を整えるため、親戚を巻き込む。

・「WIN-WIN」の関係を築ける外部パートナーを増やす。

・前向きな人といる時間を長くつくる。

・「どんな人に会いたいか」「どんな人と仕事をしたいか」を周りに伝えておく。

・「誰か」に「何か」をしていただいたら、必ずそれ以上のお返しをすることが重要。


【5】成長するためにしたこと

①Planned Happenstance Theory「計画された偶発性」理論から

予期せぬ出来事を避けるのではなく、起きたことを最大限に活用することが大切。

②コンフォートゾーン/パニックゾーン

コンフォートゾーン(快適空間)から、パニックゾーン(混乱空間)に踏み出すことで、「対応力」と「人脈構築」が成長していた。


【6】管理職や人事担当者としてこれから考えるべきこと

自分自身のキャリア観を確立させること、長期的なキャリアを考えさせることが大切。


【7】ドリームマップについて

・目標達成のためのビジュアルツール「ドリームマップ」が大切にしていることは「夢を描くこと」、「夢を信じること」、「夢を伝えること」。

・ドリームマップの4つの視点は「自己(物質)」「自己(精神)」「他者」「社会」。

・仕事をする上でも大切なのは、目標を達成したときに得られるそれぞれの視点での理想。

・女性が活躍するために、また「自分の取扱説明書を作る」という意味でも、ドリームマップは有用。


【8】質疑応答


Q.現在短時間勤務をしており、子どものケガや病気で部署に迷惑をかけて、申し訳ない気持ちばかり。

  周囲とのコミュニケーションの取り方や、もっと仕事をやりたい気持ちの対処法を教えてほしい。


A.自分は、退社時間までの間に、100%のものを120%、150%に高めていく、そういう努力をしていた。申し訳ないという気持ちは、人なら誰でも持つもの。自分が抱えている仕事だけでなく、部署全体での仕事、会社全体に関わる仕事を意識すると、少しは楽になるかもしれない。短時間であっても、会社のミッションにきちんと貢献できていると思うこと、自分が貢献できているものはこれだ!ときちんと認識すること。それによって自分に自信を持つのも必要なこと。

また、自分は「ママ」の顔を隠さないでやってきた。社内の子ども好き、お世話好きそうな人を味方につけ、子どものことも含めて「自分」をわかってもらうようにしていた。職場で、仕事の部分だけを見られるとバランスが取れてないとなるかもしれないが、子育ても含めての自分である、とするようにしては。

チーム力を高めるよう力を使うことが大切。自分が早く帰る時、他の人が気持ちよく、ストレスなくできる環境を整えるようにする。


Q.小1の壁を感じた?


A.中学受験の壁のほうが大変だった。小1の壁は、環境変化としてはあっても、(学童などの)仕組みとしては整ってきていると思う。受験のほうが(ワーキングマザーにとって)仕組みとして整っていない。中学受験が一番きつかった。忙しいので、塾の送迎まで手が回らない。一番大変なのはお弁当。子どもは気にしていないのに、塾側が「温かいご飯が合格につながります」とか言うので、ずっとお弁当に振り回されてしまった。


Q.短時間勤務で周りの人とのコミュニケーションが難しいと思った。うまくいかない時はどうしたらいい?


A.部署を超えてネットワークをつくることが大切。横や斜めの関係づくりをすることで、上長とうまく行かない時は、その横のラインの人に、サポートしてもらうことができる。自分は管理職なのに定時で帰る時期があった。その時に、自分が不在時に他部署のマネジャーに自分の部下をフォローしてもらう仕組みも作っていた(「里親制度」と言っていた)。


Q.育休中の社員のフォローの仕方は?


A.(対面ではなく)間接的なやり方が多い。会社側からのプッシュというよりは、自分からアクセスして見に行くスタイルのところが多い。気になることがあれば聞けるよう、連絡先を開示しておく必要がある。1ヶ月に1回電話したり、6ヶ月したら赤ちゃん連れでもいいから会社に来てというところもある。復職前の面談は、人事と上司の三者面談が一般的。人事側も、社員面談では育休中の方にも必ずお会いしている。ワーキングマザーの会を定期的に開催したり、セミナーなどを育休中の方にもご案内したりしている。



ワーキングマザーのキャリアの充実を描くために、より自分自身の管理(内部管理)と他者管理(外部管理)をすることが重要である、と気付かされた研究会でした。

ワーキングマザーであることで周囲に遠慮することはなく、考え方や、仕事のやり方ひとつで何か変わるものがあるのかもしれません。


***


次回の研究会の開催は、3月15日(火)に開催予定です。

詳細は後日ブログでもご案内いたします。


■ワーキングマム・プロジェクトについての詳細はこちら

■ワーキングマム・プロジェクトの会員登録はこちら


週刊ダイヤモンドにて掲載いただきました

ブログテーマ:その他
2015/12/22
2015年12月21日発売の週刊ダイヤモンド(15年12月16日・16年1月2日新年合併特大号)にて、
弊社代表取締役社長 清水美ゆきのインタビューを掲載いただきました。

週刊ダイヤモンド(210・211ページ) : 『女性が活躍する会社・組織2016』
ダイヤモンドONLINE : http://diamond.jp/articles/-/83226

 




【セミナーレポート】「もてあまし抱え込み系女子」が「なでしこリーダー」に変わる日

ブログテーマ:セミナー
2015/10/07
こんにちは!WisHスタッフ杉浦です。

毎日グングンと冬の気配が増してきていますが、
体調など崩されていませんか?

本日は、先日行われた目からウロコのHRDセミナーの様子とご報告いたします!

***

池照佳代氏を講師としてお招きし、

「もてあまし抱え込み系女子」が「なでしこリーダー」に変わる日
〜期待役割にそった取組みが今一歩できていない30代女性社員を変える4つのポイント〜


をテーマに開催いたしました。




最初に、30代女性社員育成の課題と期待することを、
ポストイットに記入し、グループ分けするワークが行われました。
今回行われたワークを通してできてきたTOP3は下記のような結果となりました。

課題
1.どこまでホンネを聞き出せるか
2.本人の意思
3.キャリアアップの意識付け

期待
1.向上心・チャレンジ精神
2.経験を活かしての後輩の育成
3.時短など制限がある中での活躍



本日のテーマである【なでしこリーダー】とは…
女性ならではの視点や能力を活かし、高いパフォーマンスをあげて組織に貢献するリーダー、という定義が説明されました。

また、女性リーダーの課題として、
自信のなさ、スキル不足、人材組織育成の不得手があるということ

その課題を解決するために、研修のポイントとして、・ホンネの場づくり
・ホンネの場作り
・価値観、強み、スキルの持ち帰り
・固定化・短期的なキャリアの視点を柔軟・長期に
・認知・FB体験
・コミットメントとネットワーク構築 などが挙げられていました。



その後、本セミナーのテーマとなる、なでしこリーダーになるために大切な4つのポイントについてお話いただきました。

・自分を知ること
・役割を理解すること
・必要な力を認識し、身に付けること
・ビジョン描き、目標を設定すること

1つ1つのポイントについて、ワークを交えた解説で、
理解が深まったのではないでしょうか。

池照講師の詳しい研修内容にご興味がある方は、
弊社までお気軽にお問い合わせください。

次回も女性活躍推進に役立つ情報をお届けします。
最後までお読みいただきありがとうございました。


【第12回研究会】女性のためのアンガーマネジメントを開催しました!

2015/09/29
こんにちは、

WisHスタッフ杉浦です。


シルバーウィーク前の9月16日に、第12回研究会を開催いたしました。
今回は、沖みちる講師をお招きし、アンガーマネジメントについてお話しいただきました。

沖みちる講師の詳細プロフィールはこちら



ご参加の皆様、どうもありがとうございました。
当日の内容をこちらでもご紹介いたします。


***


■アンガーマネジメントの概要
アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで始まったアンガー(イライラ、怒りの感情)をマネジメントする(上手に付き合う、怒りによって後悔しない状態をつくる)ための心理教育です。
それが病気になった人だけでなく、ビジネスパーソンに広がっていき、学校教育などにも幅広く展開されてきています。

アンガーマネジメントはFor Meのセルフマネジメントスキルで、
周囲の人の感情をコントロールするものではなく、
自分自身の感情をコントロールすることで、周りの怒りの影響を受けにくくもなるという説明が冒頭にされました。

そして怒りによる後悔は2パターンあるそうで…
 -怒らなくてもいいところで怒る
 -怒るべきところで怒れない
アメリカ人の場合は、怒ってしまったことに対する後悔が多く、
日本人の場合は、怒らずに我慢してしまったことに対する後悔が多いそうです。



■女性に関するアンガーマネジメント
特にジェンダーによる区分けはされていないが、怒りを感じるポイントやレベル感は男女感では差が見られます。
大手企業では、女性のほうが、中小企業やベンチャーでは男性のほうが怒りを出しやすいという見解があるそうです。

■アンガーマネジメント 3つの暗号
アンガーマネジメントをするにあたり、心がける3つの暗号を教えていただきました。
その3つとは【衝動のコントロール】【思考のコントロール】【行動のコントロール】です。

【衝動のコントロール】
怒りはなくてはならない感情なのですが、やはり問題となる場合があります。
それが次の4つの場合です。
・強度が高い…一度怒ると止まらない
・持続性がある…根に持つ、思い出し怒り
・頻度が高い…しょっちゅうイライラする、カチンとくることが多い
・攻撃性がある…人・自分の傷つける、ものを壊す
これを踏まえて、ご参加者みなさんがどのパターンを行なってしまうのかを、共有しました。

怒りの持続性については、民族・国家などの結びつきの中で継承されるめ、数千年怒りが続く可能性があるという見解もあり、きちんと怒りをマネジメントすることが大切なのです。

怒りのピークは6秒であり、この6秒を使って、
怒りをマネジメントする具体的な方法も実際にワークとして、体感していただきました。




【思考のコントロール】
私達を怒らせるものはなんだと思いますか?
それは、理想と現実にギャップがあるからだそうです。
「〇〇はこうあるべきだ!」という思想が、他者と異なった場合に、怒りが生まれます。
「自分と同じ」
「少し違うが許容範囲」
「自分と違うので許容できない」
この3つの境界線があり、境界線が人によって大きく違うということを理解することが大切だということでした。

【行動のコントロール】
主婦を対象にしたイライラの原因を調査した結果、子どもや夫など身近な相手ほど、
怒りの対象になるということがわかりました。

怒りの性質として、
・身近な対象ほど強くなる
・高いところから低いところへ流れる(親から子、上司から部下)
・伝染しやすい
・エネルギーになる

こういったことがあるため、これを踏まえて、うまくコントロールすることで、成長の糧にもなるということでした。

*** 

次回の開催は、日時が決まり次第、このブログでもお伝えいたします!

【セミナーレポート】男性上司必見! 女性部下マネジメント研修 ~女性部下の能力・やる気を引き出すために抑えるべき4つのポイント~

ブログテーマ:セミナー
2015/09/07
こんにちは、WisHスタッフ杉浦です

先日、目からウロコのHRDセミナーを開催いたしました。

13,000人以上の女性キャリアを支援したプロカウンセラー藤井佐和子氏をお招きし、


『男性上司必見! 女性部下マネジメント研修~女性部下の能力・やる気を引き出すために抑えるべき4つのポイント~』をテーマに、

【働く】に対する意識や価値観を多様に持っている女性社員に対して、
男性の上司はどのように接していけばいいのか
それぞれの特徴を理解し、どのように対応すれば、
能力ややる気を引き出せるのかをお話いただきました。




============================
プロフィール

◆リ・カレント プロフェッショナルパートナー

◆株式会社キャリエーラ 代表取締役 ダイバーシティコンサルタント

 http://www.sawako-women.net/
 (社)JCDA認定 CDA (キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
 EQジャパン 公認プロファイラー 大阪商工会議所 メンタルヘルスマネジメント


============================


セミナーの冒頭では、現場の男性上司から聞かれる声&現場で困っていることを
グループで共有する時間が取られました。



その後は、上司が陥りやすい女性社員に対する固定概念についてのお話し、
様々な価値観・意識を持つ女性に対して
上司が抑えるべき4つのポイントについて、
実践型のワークを交え、学びを深めました。


4つのポイントは下記の通りです
 
ポイント1.期待する
ポイント2.女性部下を理解する
ポイント3.信頼関係を築く
ポイント4.かかわる

実際起こりうるケースで、
ワークを行い、より現場で活かしやすい内容となったのではないでしょうか。

このセミナーで行ったワークを通して、
女性社員の皆様がさらにやりがいのある職場作りの一歩になれれば幸いです。

藤井講師の詳しい研修内容にご興味がある方は、
弊社までお気軽にお問い合わせください。

次回も女性活躍推進に役立つ情報をお届けします。
最後までお読みいただきありがとうございました。




記事一覧