女性活躍推進・ダイバーシティの課題に取り組む人事部門のコンサルティングパートナーです
ホーム » 講師紹介一覧 » 岩井 結美子(いわい ゆみこ)

講師紹介

岩井 結美子(いわい ゆみこ)

岩井 結美子(いわい ゆみこ)
溢れる愛情でホンネを引き出すアネゴ肌講師

◆WisH プロフェッショナルパートナー

◆コンシャスインターナショナル 代表取締役

 http://www.conscious.co.jp/

心理カウンセラー/メイクセラピスト/印象アナリスト(R)/

社団法人日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー/

中央労働災害防止協会登録 心理相談員/

NPO法人日本人材教育協会メイクセラピー検定事務局エグゼクティブディレクター/

NPO法人日本アクションラーニング協会認定 アクションラーニングコーチ

得意分野 女性活躍推進

印象管理・セルフマネジメント

女性リーダー育成

ストレスマネジメント

アサーティブコミュニケーション

営業職 
略歴 人材教育コンサルティングとして、接客や受付スタッフの社員教育を手掛け、閉院間近の歯科医院を3カ月で黒字に。

産業カウンセラーの資格取得後、医療機関(心療内科)に心理カウンセラーとして従事。またメンタルトレーナーとして

企業内研修や講演、ワークショップを行うなど多方面で活躍。活動実績を活かし、2003年オフィスグレイスを開設。 多階層人材の豊富なキャリアを磨き上げてきた実績と技術で、多彩な研修ニーズに応じることができる。

心療内科時代、女性患者にメイクをして、その患者の落ち込んだ気持ちや価値観をガラリと好転させたことをきっかけに、メイクセラピー(化粧療法)を極める。この分野に心理カウンセリング技法を取り入れた第一人者でもあり、独自の手法を開発して女性支援を精力的に行う。

 
著書 『美人セラピー 身も心も「キレイ」になる変身のヒント』 (PHP文庫)

『どうしたら「デキる男」に見えますか?』(中央公論新社)

『美意識は、過剰すぎるくらいがちょうどいい。』(マガジンハウス) 
Amazon 『美人セラピー 身も心も「キレイ」になる変身のヒント』 (PHP文庫)

『どうしたら「デキる男」に見えますか?』(中央公論新社)
『美意識は、過剰すぎるくらいがちょうどいい。』(マガジンハウス)
一覧にもどる