女性活躍推進・ダイバーシティの課題に取り組む人事部門のコンサルティングパートナーです
ホーム » サービス » ベテラン女性社員向け(セルフプロデュース)

ベテラン女性社員向け(セルフプロデュース)

影響力のある女性社員が“ワンランク上の女性”に変わる

自分らしい働き方を見つけキャリアップ思考にスイッチが入る「マイブランド」の見つけ方
社内でロールモデルとなる女性社員が生まれる
対象
  • ベテランの女性社員で能力も高いが、モチベーションが低く周囲への影響にやや問題を抱えている女性社員
  • 能力はあるにも関わらず、ライフの充実を重要視しすぎるあまり成長にストップがかかっている女性社員
  • 後輩たちのロールモデルになる立場にあるにも関わらず、今の現状に満足しているためキャリアアップをしない女性社員
プログラムの特徴
  • 自分自身の「価値観軸」を認識し、ものの見方や考え方のクセを見つめなおす。他者と違うことをしっかりと受け止めたうえで「上質なコミュニケーション」のスキルを習得する
  • 周囲へ与えている自分の印象や影響はどんなものなのか現状をしっかり認識し、今後の自分の取り組み課題を明確にする
  • 周囲からの期待も踏まえながら、自分らしく成長するには何が必要でどんな行動をするのか具体的に自分のコトバで表現する
スケジュール 1泊2日(※1日実施も可能)
受講後評価
  • 自分には無理だと思っていたことも実は思い込みであることがわかった。期待されていることもわかったので一歩踏み出してみようと思う
  • ロールモデルなんて荷が重いと思っていたが、あとに続く後輩のために自分にてきることはやってみようと思う
  • 自分に自信がついた。「上質なコミュニケーション」というところが強く印象に残っている。長く働いてきたからこそできることがこんなにもあるのかと大きな気づきがあった
プログラム例
Day1
  • オリエンテーション
  • イントロダクション
    • 今の時代に求められるワンランク上の女性になる働き方とは

      ≪私らしい「マイブランド」の見つけ方≫

  • 法則1 取り巻く環境を克服することができる
    • 女性を取り巻く労働環境を考える
    • 女性の役割と変化
    • 「男性」と「女性」の特性

      演習:職場での女性に対する通念とは何かを考えてみる

      演習:自分の「通念」をチェックする(否定的なものはないか)

    • 男性脳と女性脳の違い

      演習:コミュニケーションと攻撃性の違い

  • 法則2 自分の軸がある
    • 自分軸をつくる7つの要素

      演習:人間理解のためのバリューワーク

      演習:私のバリューワーク表の作成

  • 法則3 感情処理ができ自ら周囲のモチベーションUPができる
    • 信頼を生む「上質な」コミュニケーション力

      演習:コミュニケーションの本質とは

Day2
  • 法則4 「納得」を生み出し伝える力がある
    • 共通のゴールを見つける力
    • 論理的思考と論理的に伝えられる

      演習:自分の想いを伝える

  • 法則5 自分を成長させる意識改革ができる
    • 思い込みの観念の見直し

      演習:わたしの思い込み

    • 内部対話を変える
    • 行動を変える

      演習:自分への問いかけから起こる行動

  • 法則6 自分を磨きマイブランドでモデルとなる
    • 自分らしさを育てるための自分の未来

      演習:未来を描き、語る

  • まとめ
    • 明日からのわたし
一覧にもどる