女性活躍推進・ダイバーシティの課題に取り組む人事部門のコンサルティングパートナーです
ホーム » 女性活躍組織診断

女性活躍組織診断

女性活躍組織診断とは?

組織において、女性の活躍がどの程度進んでいるのかという度合い、あるいは進まない要因はどこにあるのかを探るための職場診断です。その診断は、女性も含めた組織全体の活性化のための課題発見ツールとして、全社〜職場単位で活用することができます。

本診断の特徴

女性に焦点
  • 全「女性」社員を対象に診断をすることができます
    →年齢、職種、勤務地に限定はありません
    ※回答者は、“女性社員のいる職場”の全社員=男性も含みます
インタビューベース開発
  • 現役ワーキング・マザーへのインタビューを元に診断の枠組みを開発しており、既存の診断項目(組織診断、意識調査等)の枠組みは流用していません
    →現場の声を強く反映した構成となっています
結果を活用しやすい構成
  • 現場の女性が活躍するために本当に必要な事項に焦点を当て、調査項目に絞っています
    →組織風土が問題となることが多いため、風土についてより深く診断できる構成となっています
    →制度については既に大半の企業で充実しているため、制度の有無ではなく、制度の認識や活用について診断する構成となっています

本診断の構造

女性が活躍している状態とは
  1. 女性の所属する集団のパフォーマンスが上がっている
  2. 女性自身が満足して働いている
  3. 女性の所属する職場がダイバーシティに寛容である
女性活躍に影響
女性活躍に影響する要因(促進・阻害)
意識
女性自身の心理的な側面
仕事や家庭に対してどのような姿勢でいるか
自身のキャリアをどのように描いているか 等
風土
職場における文化・風土、人間関係 等
職場を構成する要素
制度
女性活躍を支援する人事諸制度
その制度を社員が理解・認識しているかも含む
女性活躍組織診断 アウトプット見本
女性活躍組織診断 アウトプット見本1 女性活躍組織診断 アウトプット見本2 女性活躍組織診断 アウトプット見本3 女性活躍組織診断 アウトプット見本4

女性活躍組織診断に関するお問い合わせは
お電話、または下記リンク先のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

 03-5369-3373
受付時間/9:00〜17:30 お問い合わせフォームへ