多様な環境下での
マネジメント​
上司部下の関係性の
質を向上する

1on1コミュニケーション研修

SERVICE

1on1でコミュニケーションを活性化

リモートワークの導入に伴い、部下のマネジメントをする上でのリスクや必要な関わりを、改めて考え理解することが大切になりました。従来のコミュニケーションに加え、リモート下で意識すべき関わり方、コミュニケーション方法を理解し、正しさ+役に立つ1on1を実施することで、上司部下の関係の質を向上し、組織・チーム力の強化につなげていきます。

  • 1on1コミュニケーション
  • リモートワーク下において、関係性の質を上げることの重要性

    組織としての“結果の質”を高めるためには、一見遠回りに思えても、組織に所属するメンバー相互の“関係の質”をまず高めることが重要です。組織の関係性の質が高まると、個人の思考の質や行動の質もよい方向に変化して、結果の質の向上につながる。良い結果が出ると、メンバーの相互信頼が深まり、さらに関係の質が向上していく。このグッドサイクルを回すことが、組織に持続的な成長をもたらします。一人一人が「関係性の質を高めるために自分は何ができるのか?」「チームでどんなことをしたらいいのか」このことを考えて行動することが重要です。

RECOMMENDED

こんな方が高い研修効果を得られます

リモートワーク導入後コミュニケーションが減り、チームの雰囲気を変えたい管理職

「成果の質の低下」「部下の成長支援」「信頼関係」に課題がある管理職

リモートワーク下で従来通りのマネジメントを実施してきたが、壁にぶつかっている管理職

VALUE

  • プログラムの
    特徴
    リモートワークの実施に伴い、部下をマネジメントするうえでのリスクおよび必要な関わり方を理解する。また、リモートワーク下でのマネジメント力を底上げする為のコミュニケーションのヒントを学び、明日から使えるよう促す。
  • スケジュール
    3時間~1日

プログラムの成果

リモートワーク下のリスクを理解し、部下とのコミュニケーションの質を改善する契機となります。

働き方に合わせたコミュニケーションのヒントを学び、部下とのコミュニケーションの質を上げる必要性を理解出来ます。

同じプログラム参加者様とのワークによって、多様な意見に触れ、マネジメントのヒントが得られます。

VOICE

参加者の声

  • 部下育成のやる気UP

    今の部内の課題から、部下育成の観点でも1on1の導入するメリットを感じ、さっそく実施しようと思う。

  • 信頼関係作りのヒントを得た

    1on1(上司と部下の二者間の信頼関係)を効果的にするための具体的なヒントがあり、明日から活かそうと思う。

  • 指示の目的が明確になった

    人事から1on1をやるように言われていたが、なぜやるのか目的が明確になり、実施に前向きになれた。

SCHEDULE

3時間~1日
  1. リモートワーク化の進め方について

    ・会社としての狙い(導入の経緯、期待など)

  2. リモートワークで発生しやすいリスクを理解する
    1. (1)グループワーク 「リモートワークによる部下のマネジメントの課題」
    2. (2)情報提供

      ・4つのリスク要因

      ・オンライン化で露呈する課題と、問われる上司力(4つのレベルチェック等)

      ・オンラインコミュニケーションの作法リテラシー

      ・セルフチェックとフィードバック

    3. (3)グループワーク 「相互フィードバック⇒映り方、話しかけやすさなど」
  3. 1on1を正しく理解し、基本スキルを学ぶ
    1. (1)今必要な部下への関わり方
    2. (2)1on1における4つの心得(段取り、雑談、リアクション、観察)
    3. (3)1on1の意義と目的(心理的安全性、経験学習モデル)
    4. (4)1on1の効果
    5. (5)1on1アジェンダと「エイドブック」の活用
    6. (6)1on1実践の3原則と基本スキルトレーニング(傾聴、質問、フィードバック)
  4. 質疑応答

ダイバーシティ&インクルージョン
お悩みは お気軽にご相談ください。