体験演習x職場実践
を通じた
自分らしい
リーダーシップの確立と
マネジメント力の強化

次世代女性リーダー育成研修

SERVICE

  • これからのリーダーに求められる3つのスキル

    今はVUCA時代と言われる通り、世の中はいつの時代でも常に発展、変化しています。特に現代は社会環境、経済環境の変化が著しく、そのスピードや厳しさは増々加速しています。
    今後、変化が激しいこれからの世の中を生きていくためには、自分らしい「ありたい姿」を描くこと、変化を前向きにとらえることの2点が重要です。
    また、これからの次世代リーダーに求められる「リーダーシップの発揮×マネジメントの遂行」において、必要なスキルや考え方を研修での体験演習と職場実践の反復を通じて強化し、即使えるスキルにフォーカスをして育成を行います。

RECOMMENDED

こんな方が高い研修効果を得られます

能力は高いのに、昇進・昇格には後ろ向きな女性社員

社内にロールモデルがいないことに不安を感じたり、またはロールモデルがいても自分との共通項が見つけられず自信が持てない女性社員

チームを率いるリーダー(非管理職)ではあるものの、上手くメンバーを牽引することができなくて悩んでいる女性社員

VALUE

  • プログラムの
    特徴
    女性リーダーに欠如しがちだといわれるスキルを研修では下記4つのステップに沿って体得していきます。
    ①マネジメントに必要な視座・視野の開発
    ②効果的なコミュニケーションと後輩(部下)育成
    ③集団の中でのリーダーシップ発揮方法とプレゼンテーションのポイント理解
    ④周囲へ訴求できる伝え方と行動宣言+個別フィードバック
    また、変化に柔軟に対応するために正しい自己認識を持ち、自信につなげていきます。
    リーダーのスタイルは多様であって良いことを理解し、リーダーとしての自分自身のイメージをできるだけ明確に描いていきます。
    研修と研修の間も学びの場であり、職場で実践した行動や得られた気づきを、同じ立場の多くの仲間と情報共有し、視野を広げていきます。
  • スケジュール
    上司:半日(4時間)×1回
    女性社員:1日×4回(全4~5か月)

プログラムの全体像

プログラムの成果

ステップを踏んで研修が設計されており、回を重ねる度に自己の現状理解と、これから強化が必要とされる能力が明確になるため、参加者の参加意欲が高まっていきます。

研修と研修の間に、研修の学びを実践する機会を設けることで、学びと職場での接続を行います。1回で終わらすのではなく研修終了までの間継続することでトライ&エラーを繰り返す場が醸成され、実践からの理解・促進を行うことができます。

様々なスタイルのリーダーシップがあることを理解し、管理職に挑戦してみたくなっている、または管理職としての仕事に魅力を感じ始めます。(登用試験に挑戦するなど)

VOICE

参加者の声

  • 自信と仲間でやる気UP

    半年のプロジェクトを通して学んだことが自信になったし、同期の仲間ができてとても心強く感じる。これから頑張っていけそう。

  • リーダーの先入観が外れて成長

    受講当初はリーダーという役割に自分は向いていない・器でない・まだ早いという不安と逃げたい気持ちもあったが、役割の違いであることを理解でき、課題解決の進め方・考え方、メンバーとの接し方、様々な場面で研修を振り返り活かすことで、当初の不安を乗り越えて成長できたと感じる。

  • リーダーになりたいと思えるようになった

    私自身は女性リーダーに抵抗があり最初は逃げたい気持ちが大きかったが、リーダーになったからこそ見える世界がある。今は、リーダーを降りたいという思いはない。

SCHEDULE

管理職向けプログラム

半日(4時間)
  1. イントロダクション
  2. なぜ、女性部下のマネジメント強化が求められているのか
    1. 女性部下マネジメントの重要性再確認
    2. 変革へのリーダーシップ
    3. 女性活躍推進が求められる背景
    4. 働き方改革を進める上での管理者の役割
  3. 女性部下が参加する研修の全体像理解 
  4. 女性の特性を意識したマネジメントと育成法
  5. グループ共有
    1. アクションプラン
  6. 質疑応答・まとめ

※実施時間や貴社課題に応じて実施する演習内容や数の変更・調整いたします。

女性社員向けプログラム

Day1 マネジメントに必要な視座・視野の開発
  1. イントロダクション
  2. マネジメントとリーダーシップの機能を理解する
  3. マネジメント体験学習
    (インバスケット演習)
    1. 個人案件処理
    2. 指定案件グループ討議・グループ案作成
    3. グループ案発表
    4. 講師からのフィードバック
  4. 効果的な仕事の進め方
    1. 仕事の生産性・優先順位のつけ方
    2. P-D-C-A
    3. 問題解決とは
    4. インバスケット自己診断
    5. 相互フィードバック
  5. まとめと次回の研修の案内
Day2 部下育成のスキル・知識
  1. イントロダクション
  2. 職場実践の共有
  3. インバスケット演習(部下指導編)
    1. 個人案件処理
    2. 指定案件グループ討議・グループ案作成
    3. グループ案発表
    4. 質疑応答
    5. 講師からのフィードバック
  4. 後輩(部下)指導・育成のポイント
    1. やる気を高める
    2. タイプ別育成
    3. ティーティングの4つのステップ
    4. コーチングのスキル
  5. コーチング演習
    1. ケース解説
    2. 個人研究
    3. ロールプレイング
    4. 相互フィードバック
  6. まとめと次回研修の案内
Day3 リーダーシップ・変化対応力
  1. イントロダクション
  2. オリエンテーション
  3. 職場実践の共有
  4. 集団の中におけるリーダーシップの発揮
    1. グループ討議演習
    2. 個人研究
    3. 実習
    4. 周囲を巻き込むリーダーシップの発揮とは
    5. 効果的なコミュニケーションスキル
    6. グループ内相互フィードバック
  5. 変化対応力診断
    1. 解説
    2. 個人分析
    3. グループ内シェア
  6. まとめと次回研修の案内
Day4 ロジカルシンキング・プレゼンテーション
  1. イントロダクション
  2. 職場実践の共有
  3. ロジカルシンキングの基本手法
    1. モレなくダブりなく整理する
    2. フレームワークで網羅的に整理する
  4. プレゼンテーションのポイント
    1. 相手を納得させる主張の仕方とは
    2. 表現力のポイント
    3. 発表準備
  5. 行動宣言
  6. 講師全体フィードバック
  7. まとめ

ダイバーシティ&インクルージョン
お悩みは お気軽にご相談ください。